十五夜

秋風吹き始めた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

タイトル通り本日は
十五夜
でございます。

私恥ずかしながらお月見楽しむ事以外十五夜の意味をよく知りませんでしたので、

調べましたところ下記のような由来だそうです。

「本来、十五夜は満月のことなので年に12回または13回めぐってきます。とくに旧暦の8月は1年の中で最も空が澄みわたり月が明るく美しいとされていたため、平安時代から観月の宴が開催され、江戸時代から収穫祭として広く親しまれるようになり、十五夜といえば旧暦の8月15日をさすようになりました。また、十五夜のほかにも十三夜、十日夜(とおかんや)を楽しむ風習があります。

十五夜は旧暦の8月15日のお月見のこと。旧暦を新暦に置き換えて9月15日に十五夜の行事をする場合もありますが、正確には毎年9月中旬~10月上旬の間に旧暦の8月15日がやってきます。」(キッズgooより転載)

平安時代からの文化が今も風習として引き継がれているのはそれだけ月見を楽しむ人が多いということでしょうね。

今日は晴れのち曇りとの事なので、「中秋の名月」をみれるか微妙みたいです(T_T)

詳細知りたい方は下記URLへ
どうぞ!
http://kids.goo.ne.jp/seasonevent/september/1.html

すすき

サンマルコではお月見用の素敵なすすきを入荷致しました!

1本30にてご提供中です!

家で飾って、風情ある雰囲気をお楽しみ下さい。

 

DSC00506 20140908

 

 

 

 

 

 

株式会社サンプルの最新情報をお届けします